MENU

ベンチャー企業が行っているインターンシップ

大企業では何年も修行をしてからでないと関れない規模のプロジェクトが、尚早人でインターンシップとして入社をして2か月目で社長直下の大きな事業に参加をさせてもらえるなんて事もザラにあるのがベンチャー企業です。起業に興味のある学生さんは社長とか役員の下で働く事で経営そのものを学ぶことができるので凄まじく役に立って優良経験になるのではないでしょうか。

長期間インターンシップで長たらしい間ベンチャー企業で働いているとすこしずつ信頼が増していき、ずんずん規模の大きな仕事を任せてもらえるようになります。大企業ではあり得ないことですが、社長・役員直下で働く事ができるのはベンチャー企業就職では普通にあることです。

社長はこのような判断を下したけど自分ならばどんなふうに判断するだろうとか考えながら働く事ができる環境がベンチャー企業にはあります。将来的には大企業に就職したい学生さんでも会社の成長を間近で見られるのは大きな魅力ではないでしょうか。

急成長しているベンチャー企業に長期インターンシップとして参加をしていると、ドンドン社員の数が増えていき、机の数が増えていき、大きなオフィスに移転をしていくといった流れを見て会社が成長していく過程を身をもって体験できます。